洗顔石鹸のメリット

MENU

洗顔石鹸のメリット

液体状や泡状の洗顔フォームやボディソープがなかった頃は、固形の石鹸を洗顔料として使う洗顔方法が当たり前でした。
体を洗う時だけでなく、洗顔も当たり前のように石鹸を使っていたのです。

 

今ではそんな時代に比べると、固形の石鹸を使う機会がずいぶん減ったようです。
固形石鹸よりクリーム状の洗顔フォームの方が、簡単に泡を立てることができます。

 

洗顔のために石鹸を使う時は、泡立てはなかなか大変だといいます。
湿気の高い浴室におくと、すぐに柔らかくなってしまう面があります。
ただし、石鹸は有効成分を凝縮して製造されているので、
洗浄力という点においてはずっと優れています。

 

環境を汚さないという点でも石鹸は良い洗顔道具です。
石鹸の原材料は、自然にあるものばかりで作られています。

 

洗顔料の場合は、石鹸とかなり作り方が違います。
合成ポリマーと水の混合物に、合成界面活性剤を用います。
洗顔フォームでも界面活性剤の含有量が全体の10%以下であれば、
素肌に対して使うことができます。
これが、2割〜3割を界面活性剤が占めるような洗顔フォームであれば、化粧落としに用います。

 

界面活性剤は食器洗浄用の洗剤にも利用されているものと同じものなので、
環境への影響も懸念されているようです。
肌に対して問題がなければ、積極的に固形石鹸を利用したほうが環境にも優しいと言えます。